デザイナーズマンションが一人暮らしにおすすめな理由

デザイナーズマンションのメリットとデメリット

デザイナーズマンションとは何か?

デザイナーズマンションは、デザイナーが間取りやデザインにこだわって作られたマンションのことを指しています。デザイナーズマンションには、明確な定義がありません。一般的なマンションとは何が違うのか一緒に見ていきましょう。

デザイナーズマンションのメリット

ウーマン

デザインがおしゃれ

デザイナーズマンションに住む多くの人は、この見た目のおしゃれさから選んでいるでしょう。また、部屋の中だけでなく、エントランスやホールまでおしゃれなデザインになっていることもあります。住んでいるだけで、幸福感を得ることができるでしょう。おしゃれな自宅に憧れている人にとっては、たまらないメリットでしょう。

遮音性が高い

多くのデザイナーズマンションは、壁がコンクリート打ちっぱなしであることが多いです。その場合は、木造よりはるかに遮音性が高くなっています。隣の部屋から音が聞こえてくることもほとんどありません。また、周りのことを気にして生活音を立てないと気を遣う心配もいらないでしょう。

珍しい間取りが多い

こだわりぬかれた設計になっているので、通常のマンションにはないような間取りの物件がデザイナーズマンションには、とても多いです。リビングがとても広くなっていたり、天井が通常じゃありえない高さになっていることもあるでしょう。物件を見ているだけで、楽しむことができます。

デザイナーズマンションが一人暮らしにおすすめな理由

部屋

デザイナーズマンションのデメリット

ここまで、デザイナーズマンションのメリットを紹介してきましたが、もちろんデメリットもあります。まずは家賃が高めに設定されていることが多いということです。デザインにこだわっているので、その費用が普通のマンションより多く掛かっています。その分広さ当たりの家賃が相場より高く設定されています。

住宅模型

物件数が少ない

デザイナーズマンションより、一般的なマンションの方が、借りる人が多くなっています。なので、デザイナーズマンションは需要が少ないということになります。需要が少ない分、建てられる数があまり多くありません。少ないなかから自分好みの物件を探さなけらばいけないでしょう。大阪など人口が多い場所には、たくさんある傾向にあります。

つみき

専門の不動産屋を利用しよう

少ない物件の中から、自分好みの物件を探すためには、ちょっとしたコツがあります。それは、デザイナーズマンションを専門的に、または多く扱っている不動産屋を利用することです。専門的に扱っている不動産屋は、一般的な不動産屋に比べて多くのデザイナーズマンションを取り扱っているので、自分のニーズに合った物件を見つけることができるでしょう。 

室内

一人暮らしにおすすめ

先ほども少し触れましたが、デザイナーズマンションは特殊な間取りが多いです。生活の便利さよりデザイン性を重視しているので、共同生活をするのには適していないと言われています。ですが、一人暮らしならそういった点を気にしなくても生活することができます。一人暮らしであれば、友人を気軽にお家へ招くことができ、デザイン性の高い部屋で自分を表現することができるでしょう。

メリットとデメリットを理解しよう

デザイナーズマンションは、一般的なマンションとは一味違います。なので、今回紹介してきたメリットとデメリットをしっかり理解してから選ぶようにするといいでしょう。そうすることで、住んでみて失敗した!と感じることがなくなります。

広告募集中