プリント基板やディスペンサーは身近な存在|疲労試験で試みる限界

疲労試験の重要性

カラフルなケーブル

試験に対する取り組み

疲労試験と言っても金属加工などの業者でなければ馴染みが少ない言葉だと思います。 疲労試験とは、変動荷重を受ける材料の挙動を測定する試験と言われています。つまり、材料の疲労に対する強さを疲労検査機などを用いて試験する一種の方法です。 機械や構造物は時間の経過とともに劣化が進んできます。荷重量・各部分に生ずる応用力の変動が進むこととなり、繰り返し使用することで最大応用力が静的破壊強度よりもかなり小さくても破壊する場合があります。 そうなると機械や構造物を使用することができなくなり、場合によっては事故に至る場合もあります。 事故が起こらないようにするためにも、何度も繰り返して疲労試験を行い安全性を確認することは非常に大切です。

疲労試験の方法として、まず初めに調べたい材料で試験片を製作します。 次に試験片を取り付け、負荷(応力)をかけて回転させます。 最後に試験片が破断した時の回転数を記録します。 そして、負荷量変えて何度も繰り返す作業を最低でも6回以上負荷実験を実施します。 疲労試験では、実物を使用することが理想的だが、実際には困難です。理由として、実際の現象ごとにモデル化させ、実験する装置と設備に工夫が必要となることがあげられます。 また、試験の実施時間が非常にかかること、多くの費用がかかることがあります。 しかし、人の力では困難なことを機械を使用することで精密かつ容易に実験できるようになりました。 疲労試験は、最終的には人が使うものを安全に使用するためにも非常に大切な取り組みです。