優良な不動産屋とおすすめできない不動産屋の特徴

どうやって選ぶの?

マンスリーマンションや中古マンション、賃貸マンションなどさまざまな物件を取り扱っている不動産屋ですが、正しい選ぶ方を知っている人は意外と少ないです。そこで、優良な不動産屋を探すためのポイントをまとめていきます。これから不動産屋を利用しようとしている方は必見です。

優良物件を持っている不動産屋の特徴

  • 専任媒介物件を確認できる
  • 保証人が必要な物件をたくさん持っている
  • 無理な営業をしない

[PR]
長岡京市の賃貸を多数紹介
さまざまな条件から物件を検索しよう

不動産屋の種類やマル秘裏情報を詳しく紹介

住宅模型

過大広告を出しているのは避ける

ホームページや店舗に「物件数No.1」などという過大広告を出している不動産屋は信用度に欠けます。不動産屋の物件情報は、レインズというサイトによって複数の不動産屋で共有しています。なので、同じ地域の不動産屋で物件情報を共有しているのです。物件数No.1というのは不確かな情報なのです。その事実を知った上で過大広告を出している不動産屋は信用度は限りなく低いです。

男の人と女の人

不動産屋の種類

不動産屋は、大きく2種類に分けることができます。大手不動産屋と地域密着不動産屋です。大手不動産屋は取り扱う物件数が多く、情報更新なども早いため、物件を見つけやすいという特徴があります。また、全国に展開している不動産屋は、信頼度が高いと言えます。それに比べて地域密着不動産屋は独自のネットワークを持っており、大手に載っていないような物件を探すことができるでしょう。

室内

複数の不動産屋を利用しよう

地域密着不動産屋や大手不動産屋などを複数会社利用することいいでしょう。それにより、一つの不動産屋を利用するより、より多くの物件情報を手に入れることができます。また、話を聞いてみて両方のメリットデメリットを知った上で、自分に適した方を選ぶことができます。一つの不動産屋だけを利用すると、条件交渉などを行うことができません。複数の不動産屋を利用すると、契約を結ぶ条件を交渉することができるでしょう。このように、さまざまなメリットがあるので、一つの不動産屋だけを利用するのは勿体ないです。

積み木

不動産屋の裏情報

インターネットなどで不動産情報を見ていると、ために好条件の物件を見かけることがあります。好条件の物件はすぐに契約されてしまうので、たまたま見つけることはとても確率が低いです。なので、好条件の物件はおとり物件の可能性がとても高いでしょう。なぜおとり物件を用意する必要があるのかというと、店舗まで来てもらい、いろいろな物件を紹介するためです。来店してもらうことにより、契約してくれる確率が一気に高くなるので、それを利用するためにおとり物件を用意するのです。

不動産屋に関する疑問

マンション

インターネットからでも物件を探すことは可能ですか?

現在営業している不動産屋のほとんどが、自社のウェブサイトなどに物件情報を載せています。ネットからだと気軽に物件を探すことができるので、近年利用者は増えています。インターネットから物件を探して、電話で物件が残っているか聞くことにより、時間をかけずに物件探しをすることができるでしょう。ただ、ウェブサイトに載っていない物件も店舗にはたくさんあるので、時間があるなら一度来店してみるのもいいでしょう。

保証人がいなくても賃貸物件を借りられますか?

借りること自体は可能です。ですが、原則として連帯保証人不要の物件や信販会社の連帯保証人代行サービスを利用しなければいけません。ですが、やはり保証人がいた方が物件の選択肢が広がるので、できるなら誰かにお願いしたほうがいいでしょう。

[PR]
京都マンスリーマンションを厳選公開
長期滞在に最適☆

[PR]
木津川市の不動産を多数紹介!
夢のマイホームをGET☆

[PR]
横浜中古マンションがお買い得
マンションを探している人におすすめ

広告募集中